PixivFANBOXはクリエイターに自由をもたらすのか!?期待できる恩恵やメリットをまとめてみた。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

どうもこんにちは!イラストレーターのTAKIです。
前からやりたいと思っていたブログを始めました!
絵についてや、活動記録、普段思うことなど気ままに綴っていけたらと思ってます。

今回はつい先日リリースされたPixivFANBOXについてです。
絵を描いている人、絵を見るのが好きな人はとても気になるサービスですよね。
どんなサービスか簡単にいうと、
クリエイターを継続的に支援することで創作活動を支えるファンコミュニティです!

公式のまんまやないかい。

凄いですよね!クリエイターからすれば定期的にお金が支援されることで創作に集中できる夢のようなシステム。
ファンの方は好きなクリエイターを直接支援できて、今まで見れなかった創作の裏側や限定コンテンツ、特典を得られる。
周りの絵師さんたちも続々と始めているみたいですが、始めるにあたって色々と疑問や悩みごとがあったので、自分なりに思いや考えをまとめてみました。

PixivFANBOXとは?

PixivFANBOXは安定した収入を得ながら創作活動に専念したいクリエイターと、大好きなクリエイターを支えたいファンをつなぐクローズドなコミュニティーサービス。
ファンはクリエイターを継続的に支援し、クリエイターは創作活動に専念できるようになり、より良い創作物をファンに提供する。
この理想的な関係が築ければクリエイターもファンもWIN×WINで素晴らしいサービスになりそうですよね。
具体的な内容は公式サイトを見てもらえるとわかりやすいです。
PixivFANBOX

でもここでひねくれ者の僕は「いや、そんなに理想通り上手くいくかな…?」とか思ってしまいまして…。
始めるにあたってのデメリット、色んな不安要素もあるんじゃないかと。
というわけで、PixivFANBOXを始めてみたいと考えているクリエイター目線で色んな角度から考察してみました。

PixivFANBOXのメリット

では実際にクリエイターがPixivFANBOXを始めたらどんなメリットがあるのか、
公式サイトに書かれているメリットの他に自分なりのメリットも考えてみました。

継続的支援による収入の安定化

PixivFANBOXの最大の魅力といえばファンによる継続的支援!
今までのクリエイターの収入源といえば、企業や個人からの仕事の依頼を受けて原稿料を稼いだり、漫画やイラストを描いて同人誌やグッズを作り、コミケやコミティア、デザインフェスタなどで販売して利益を得る。
他にもミンネやクリーマなどのオンラインショップを作りネット販売をする。
などが一般的だったと思います。

最近ではYoutubeやブログを使って広告収入を得たりする人も出てきました。
インターネットが普及してから色々サービスが出てきて、収入源が増えたのは確かです。

しかし、どれも収入源としては不安定なものばかりです。
なので多くのクリエイターは会社勤めをしながら、仕事終わりや休日を創作活動の時間にしている思います。
別の仕事をしながらの創作活動はそう簡単なものではありません。
そのため活動が続かなかったり、身体を壊してしまったりするクリエイターはたくさんいると思います。
そのジレンマを解消しようとするのがPixivFANBOXの狙い。

ファンから毎月一定額の支援を受け取ることにより収入が安定すれば創作活動に専念することができます。
直接的な支援というのはモチベーションアップにもなりますし、心強いですね。

クローズドな空間でファンとの距離が近づく

多くのクリエイターはSNSやWEBサイトを中心に作品を発表したり、ファンと交流したりしていると思います。
しかし、SNSは不特定多数の人が見れてしまうという場所でもあるので、ファンじゃない人からの心ないコメントや批判が怖いというクリエイターもいるのではないでしょうか?

FANBOXならコンテンツの公開範囲を決めることができるので、本当に届けたい人だけに作品を届けることができます。
ファンの人だけがいる空間なら素の自分も出しやすく、ファンとの距離や関係がより親密なものになるのではないかと思います。
趣味の話題とか自分のマニアックなこだわりなど、創作以外のネタを配信しても面白い反応があるかもしれませんよね。

ファンにお返しとして特典を送れる

これもクローズドならではの付加価値だと思いますが、ファン限定の特典を自由に設定することができるようです。
例えばイベントで販売する商品を安く買えるクーポンとか、ファン限定のイベントに招待するとか。
アイデア次第で色々な特典を付けれそうですよね。
ファンが支援していてよかった!と思えるような特典やサービスを提供すれば、信頼度アップ間違いないでしょう!

Pixivユーザーにアプローチできる

これは言わずもがなかもしれませんが、PixivFANBOXはPixivと連携しているので、すでにPixivでフォロワーがたくさんいる人にとっては始めやすい環境ですよね。
Pixivのユーザーは3000万いるそうなのでそこにアプローチできるのは良いですが、実際にはフォロワーにアピールできるというのが的確かも知れません。

僕自身Pixivはあまり頑張ってないのでフォロワー少なくあまり恩恵を受けれないかもしれません。
フォロワーがまだ少ない人は、まずPixivやTwitterのフォロワーを増やす方を先にやった方が良さそうです。

投稿できるのはイラストだけじゃない!様々なクリエイターが利用可能

PixivといえばイラストSNSというイメージが強いと思いますが、PixivFANBOXはイラストや漫画だけでなく、ブログ・小説・音楽・写真・動画・ゲームなど、様々なコンテンツの投稿が可能です。ジャンルを問わず様々なクリエイターが利用できるところも良いですね。

成人向けR18コンテンツの投稿可能

クローズドな空間を利用して成人向けコンテンツを投稿したいと思うクリエイターもいると思います。
SNSで投稿するのはちょっと…というアダルトな作品でもPixivFANBOXなら届けたい人にだけ見せれるのが安心ですね。
PixivFANBOXなら下記の条件を満たしていればR18コンテンツの投稿が閲覧が可能になります。

成人向けの投稿を公開しているクリエイターを支援できるのは、アカウント設定で「閲覧設定」を「R-18コンテンツを見る」設定にしているユーザーのみとなります。クリエイターページにてR18コンテンツを「投稿する」に設定しているクリエイターのみ、R18コンテンツの投稿が可能です。

ただし、対象ではないクリエイターがR18コンテンツを投稿している場合、pixivFANBOX事務局側で投稿内容の差し止めが行われるようなので注意!
コンプライアンスを守るのは大事ですね。

PixivFANBOXのコンテンツが資産になる

PixivFANBOXのコンテンツを育てていくことで、後々それが資産となっていくのではないかと考えてます。
SNSでは情報がすぐに流れてしまってフォロワーの目に止まらなかったりしますが、PixivFANBOXなら支援開始日に関係なく過去のコンテンツも閲覧できるので、ブログのように使えて、プラス特典などのサービスを提供できる。
そしてファンの支援により直接的な収入が入ってくるので、無理に商品の販売やアフィリエイトなどをやらなくてすみます。
商品在庫のリスクもなくアフィリエイトなどの専門知識がなくても収益化できるのは魅力的ですよね。
ファンを虜にする楽しいコミュニティにすれば、それは立派な資産になり得るのではないかと思います。

特にフリーランスで活動しているクリエイターは収入が不安定だったりします。
今月仕事少なかったので収入がやばい!なんて時にPixivFANBOXからの支援はファンからの救いの手ですよね。笑
ファン様さまであります!

クリエイターへの還元率驚異の95%

PixivFANBOXの凄いところは、クリエイターへの収益の還元率です。
サービス利用料2018年末まで無料、2019年以降は支援総額の5%分のサービス利用料!
通販サイトなどは決済手数料、振込手数料など、なんだかんだ細かく取られるところが多いですが、PixivFANBOXの利用料は支援額の5%のみと良心的!
潔くていいですよね。

しかも今なら支援額20%上乗せキャンペーンというのをやっていて
5月13日までに支援者10人を達成した場合、支援総額に20%上乗せしてくれるという気合の入れっぷりです。

グッズ制作の資金を事前に集められる

同人誌やグッズを作るのって結構お金がかかりますよね。
僕もグッズを作る時が一番悩みます。
作ったはいいけど売れなかった…つきまとう在庫のリスク

でもPixivFANBOXを利用すればファンの方に事前に「こんなグッズを作りたいから支援してほしい!」と呼びかけることができます。
グッズ制作費支援プランなどを作ってそれで集まった支援額でグッズを作ってファンにお返しすることもできる。
プチクラウドファンディングのような使い方もできるんじゃないかと思います。
在庫のリスクと資金不足を一挙に解消できたら思い切ってグッズも作れます。
夢が広がりんぐですよね!

モチベーションのアップ効果が期待できる

これは人によるかなと思いますが、ファンの人が投稿を待ってくれている!私を支援してくれている!
となるとそれがモチベーションにもつながり創作意欲にも火がついて、これまでより頑張れるんじゃないかと思うんですよね。
それが逆にプレッシャーになってしまう人もいるかもしれないので性格次第ではありますが、
多くの人にとってプラスに働くのではないかなと思います。

目標・夢が持てる

自分の作品や活動の成果がファンの数や支援額という明確な数字になって示されるので、目標や夢などを持ちやすくなるのではないかと個人的に考えています。
例えば、今年はファンの数をこれくらい増やそうとか、支援額〇〇円集めれたらバイトを辞めて創作に専念する!
ファンのために今週中に1枚絵を描き下ろす!など
そのために何ができるかを考えたり、目標を作る目安にしても良いかもしれません。

まとめ

さて、クリエイターがPixivFANBOXを始めるメリットについて考えてみましたが、まだ始まったばかりのサービスで、継続してやってみないとわからない!と言う部分は多いです。
模索していく中で想像もできなかったメリットが見つかるかもしれません。
新たな発見があればまた追記していきたいと思います。

このサービスが今度どうなるかはわかりませんが、ファンがクリエイターを支援するという文化が日本にも定着すれば嬉しいですよね。
世界がより自由でクリエイティブな方向に変化していくためのチャレンジだと思います。

最後に要点をおさらい!

  • 継続的支援による収入の安定化
  • クローズドな空間でファンとの距離が近づく
  • ファンにお返しとして特典を送れる
  • Pixivユーザーにアプローチできる
  • 様々なクリエイターが利用可能
  • 成人向けR18コンテンツの投稿可能
  • PixivFANBOXのコンテンツが資産になる
  • クリエイターへの還元率驚異の95%
  • グッズ制作の資金を事前に集められる
  • モチベーションのアップ効果が期待できる
  • 目標・夢が持てる

以上、Pixiv FANBOXはとても魅了的なサービスだと思うのでクリエイターの方は検討してみる価値はあるのではないでしょうか。
今回はメリットばかり考えましたが、正直デメリットや不安な点も少なからずありますよね。

なので次回は、Pixiv FANBOXのデメリット・障壁・不安な点・お悩みなど、ネガティブな面も考えてみたいと思います。
両面から考えて検討するのはとても大切だと思うので、ぜひ次の記事も読んでみてください。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© TAKI ARTWORKS , 2018 All Rights Reserved.